HOME > 税務関連ニュース

文書作成日:2019/02/12
金利1%未満でも住宅ローン控除は対象になりますか

[相談]

 某銀行から住宅ローンを借り入れて、住宅を建築しました。
この住宅ローンについて、住宅借入金等特別控除の適用を受けたいのですが、住宅ローン金利が、年0.2%です。
 このように、低金利であっても住宅借入金等特別控除の適用を受けることはできますか?


[回答]

 できます。


[解説]

 住宅借入金等特別控除の適用を受ける際の要件は様々ありますが、金融機関からの借入金である場合に、その金利の%は要件に入っていません。

 そのため、金利が年0.2%であっても、他の要件が具備されていれば、住宅借入金等特別控除の適用を受けることは可能です。


[根拠法令等]
 措法41、措令26、措規18の21、措通41-21、大阪国税局「個人課税関係誤りやすい事例(所得税法関係) 平成29年版」など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



セルフメディケーション税制/値引きがあった場合2019/02/05
セルフメディケーション税制/コピー添付でも証明書類として認められますか2019/01/29
セルフメディケーション税制/対象者全員が「一定の取組」を行う必要がありますか2019/01/22
セルフメディケーション税制/本人以外が行った「一定の取組」でも認められますか2019/01/15
セルフメディケーション税制/任意での健康診査も対象ですか2019/01/08
セルフメディケーション税制/世帯単位での選択適用ですか2019/01/01
セルフメディケーション税制/両方適用できますか2018/12/25
医療費控除と傷病手当金・高額療養費2018/12/18
給与所得の源泉徴収票の配布2018/12/11
年末調整による過不足額がその月分の納付すべき税額を超える場合2018/12/04
外国籍労働者の年末調整2018/11/27
休職中の従業員の年末調整2018/11/20
年末調整対象者から年末調整をしなくてもいいといわれたとき2018/11/13
年末調整の対象者は誰ですか?2018/11/06
今年の年末調整で気をつけるべき点は?2018/10/30
年末調整のスケジュール2018/10/23
労災上乗せ給付と所得税2018/10/16
従業員の医療費を会社が負担した場合の課税関係2018/10/09
遠隔地に居住する両親は扶養控除の対象となるか2018/10/02
民泊による収入の所得区分2018/09/25
時間外労働等改善助成金の収益計上時期はいつ?2018/09/18
法人成りと原稿料からの源泉所得税の徴収義務2018/09/11
賞与から控除する源泉所得税額の求め方2018/09/04
国民年金後納制度と社会保険料控除2018/08/28
料理の持ち帰りと消費税軽減税率2018/08/21
セルフメディケーション税制/従来の医療費控除との選択適用2018/01/09
セルフメディケーション税制/取組を明らかにする書類とは2018/01/02
前のページに戻る
ページの先頭へ
住吉事務所 TEL:06-6673-0631 FAX:06-6674-3063 天満橋事務所 TEL:06-6910-8855 FAX:06-6910-8856